ページの開始です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ここからヘッダーです。

ヘッダーをスキップするリンクです。

ここでヘッダー終了です。

ここから本文です。

News & Topics

ニュース&トピックス

2006年の記事

12月20日:徳真会グループ 江坂第二歯科 「患者が決めた!いい病院」に掲載されました

当グループの江坂第二歯科(大阪府)が、“『患者が決めた!いい病院 』2007 年度版患者20万人アンケート[近畿・東海版] ”(書籍 発行:オリコン・エンタテインメント(株)にて、全1197病院が選出された中から、ベスト40位内にランクインされました。

アンケートによる医療機関の顧客満足度調査を元に作られ、医師の説明・スタッフ対応・設備などの観点から高い評価を頂くことができました。これからもご来院頂いた患者様に、ご満足頂きグループ全診療所がこのような評価を頂けるよう目指してまいります。

10月21日:NST 新潟総合テレビ 「ヒポクラテスの誓い」に放送されました

10月21日(土)、新潟総合テレビ「ヒポクラテスの誓い」で当グループ理事長・ 松村博史が紹介されました。

「徳真会の企業価値は誇り」という思いや、また患者様に対しての行き届いたサービス。小さな組織の限界を感じグループ化にした話などが熱く語られました。

10月13日〜15日:ワールド・ラボUSA 日本歯科大会にて講演

2006年10月13日〜15日の3日間、パシフィコ横浜にて第5回日本歯科大会が開催されました。その中の14日 06QDTシンポジウムにて、当グループ ワールドラボUSAの林直樹が講演を行いました。全国から多くの歯科関係者が集まる中、講演会場は全員立ち見状況で、会場の外まで中継を繋いで放映する程の大盛況でした。

10月17日:徳真会グループが「医療経営白書」に掲載

『2006年度版 医療経営白書 〜病医院「勝者」の創造的経営思考〜』に徳真会グループが掲載されました。

“歯科診療所の地域展開モデル”というテーマで、当グループの沿革・理念・将来に向けた展望などが3ページに渡って紹介されました。

10月11日:読売新聞に掲載されました

2006年10月11日(水)の読売新聞 第32面「うちのトップ」というコーナーに“歯科医療で海外進出”というタイトルで、当グループの松村理事長が取り上げられました。小さな組織の限界を感じ、グループ化を決意した松村理事長の思いが紹介されました。

9月21日〜22日:ワールドラボUSA 林直樹 アメリカ アイダホ州で講演

「 Idaho Dental Lab Association 」 in USA

9月21日22日とアメリカ アイダホ州で、Ultimate Styles Dental Laboratory(WORLD LAB U.S.A. ハイクオリティ部門) 林直樹が演者として招聘され、ハンズオンレクチャーを行ないました。基礎的な陶材の築盛方法をハンズオンによるデモンストレーションで行い、臨床における審美的な要素をプロジェクターで画像を映し出し講演を行ないました。全米から多くの歯科従事者が集まり、熱心に聞き入っている様子が伺えました。
こういった活動を通じ、歯科技工業界におけるクオリティレベルの底上げを行って参ります。

9月14日〜15日:ワールドラボUSA 林直樹イタリアで講演

「 4°5°SIMEX DAY Congresso Internazionale 」 in ITALIA
「A Challenge to Natural Teeth - Una sfida al dente naturale」

9月14日15日とイタリアで、Ultimate Styles Dental Laboratory(WORLD LAB U.S.A. ハイクオリティ部門) 林直樹が演者として招聘されました。
世界的な規模で行なわれるこのデンタルショーには、ヨーロッパ各地(イタリア、ドイツ、フランス、イギリス)はもとより、世界各国から歯科従事者が集まりました。

1000人以上の参加者が集まるコンベンションホールで行なわれた林直樹の講演は、見る人全てが魅了される芸術的な臨床写真によるプレゼンテーションにより、多くの歯科従事者から盛大なる喝采をいただきました。
歴史的な功績を積み重ねることにより、業界を牽引する力の一助になればと願います。

9月10日:ワールドラボUSA 尾形暁信 テクニカルコンテスト全国大会 入賞

松風本社研修センター落成記念
- The Next Generation -
Ceramics Technical Contest 【技魂】

9月10日、この度は株式会社松風の研修センター落成記念とし、山本眞先生を始め、三善由高先生、浜崎信夫先生、大畠一成先生、西村好美先生、浅野正司先生と、歯科技工業界で著名な方々を審査員とした、全国的なテクニカルコンテストが開催されました。メタルまたはオールセラミックによる上顎中切歯の形態及び色調再現という限られた規定があるなか、全国から100人以上の出品者が募り、厳密な審査が行なわれました。日常の臨床過程におけるシングルケースの色調再現は非常に難しいものがありますが、そこへ弊社スタッフ 尾形暁信が代表として出品し、みごと入賞致しました。ワールドラボでは、次世代の歯科技工分野をリードする歯科技工士の育成に努めております。

9月1日:日本歯科新聞社アポロニア21に掲載

当グループ 松村理事長が、日本歯科新聞社アポロニア21 9月号「歯科医師の転機」という特集に取り上げられました。「世界最大歯科医療グループの国際的展開」というタイトルで当グループの良質な歯科医療を安く提供する為、一定の規模の歯科医院を次々に分院展開し世界規模でグループ化していく経営スタイルなどが8ページにわたり紹介されています。

アポロニア21とは
歯科医師経営者の専門雑誌「アポロニア21」(日本歯科新聞社)は、歯科医院の経営のこと、歯の治療に関する新製品紹介などが掲載されている歯医者さんのための専門誌です。

7月21日:新たに2医院 IDI認定

この度、2006年度4月認定の6医院に引き続き、2006年7月21日付で下記の2医院がNPO法人 歯科医療情報推進機構(IDI)により選出される、認定歯科医院となりました。徳真会グループでは、今回のこの認定を合わせ 14医院の認定を受けることができました。


まつむら歯科 柏崎診療所 (新潟県)
認定   第061510173 号

NPO法人 歯科医療情報推進機構 (IDI)とは
社会の要請に応えるため、志を高く持った歯科医療研究者や歯科診療所の自発的な参加・協力を得て、日本で初めて「歯科医院・診療所」の歯科医療機能を客観的に評価するために組織された第三者機関です。審査 は、「診療内容・人的環境・改善環境・オフィス環境・管理環境・運営環境」の6つの視点で行われ、患者様にとって「質の良い安心な医療を提供できる医療機関」と認められた歯科医院・診療所だけが認定されます。全国でも基準を満たし認定を受けた歯科医院・診療所は全国の歯科の施設約6万8000の中で2006年7月現在では76施設、なかでも新潟地区、九州地区では当グループの診療所が初めての認定を受けました。この認定は当グループ各診療所の医療技術・サービスのレベルが公的機関から評価されたことを意味します。

8月2日:金属を使わないオールセラミックによるブリッジが製作可能になりました!

皆様の周りに、金属アレルギーだと言う人はおりませんでしょうか。
金属を身につけただけで、腕が真っ赤になったりする方が時々います。それが金属アレルギーです。金属アレルギーとは身につける金属製品が、汗や体液で僅かに溶け、それがイオン化して体内に入り込みます。その入り込んだものと、新たに身につけた金属が接触し、拒絶反応を起こすのが金属アレルギーなのです。アレルギーの人の43%は歯のつめものやかぶせものが原因だと言われております。
我々徳真会グループでは、そういった患者様のニーズにお応えするべく、新たに最新の機器「CEREC In-Lab 3D System」を導入致しました。従来使用していた機器に比べ、白く美しい天然歯に近い色調表現が可能で、審美性の高い技工物を製作する事ができます。また、製作期間が短く、安価にご提供出来る点でも優れております。この機器の導入により、オールセラミックによる奥歯のブリッジの製作が可能になり、より多くの患者様からご好評をいただいております。
こういったお悩みをお持ちの方は、お気軽に当グループへとご相談下さいませ。

6月19日:口臭治療 エクセレントブレスセンター新潟 開設

口臭治療の第一人者である、本田俊一先生のご指導のもと、ほんだ式口臭治療をこの度当グループのまつむら第二歯科(新潟県長岡市)に、「エクセレントブレスセンター新潟」として開設いたしました。
「ほんだ歯科医院」とほぼ同水準の治療設備・検査機器で診断・治療を進めていく事ができる、東日本最大規模の口臭治療導入医院となります。
詳しくは「ほんだ式口臭治療」をご覧下さい。下記のような症状でお悩みの方、あるいは気になっている方は、ぜひ一度ご相談下さい。

・自分の口臭が気になる方
・人から口が臭うと言われた方
・口が臭いが気になるのに理解してもらえない方

口臭でお悩みの方は、是非ご来院下さい。
当グループでは、本田先生の直接指導により認定を受け、全診療所でほんだ式口臭治療が行える様目指しています。

6月19日:ワールド・ラボUSA 林直樹の作品が再びノリタケデンタルサプライのポスターに起用されました

ワールド・ラボUSA所属 林直樹の作品が株式会社ノリタケデンタルサプライのポスターに起用されました。

2002年にインストラクターに任命され、既に2種類のポスターに起用されており、今回の起用で3回目となりました。歯科技工士の作品が メーカーのポスターになるということは非常に稀であり大変名誉なこととなります。

5月17日:徳真会グループの書籍が発刊されました!

2006年5月17日、以前ラジオ出演の際にお世話になりました鶴蒔靖夫氏による執筆著書『志あれば道あり・世界に夢を馳せる徳真会グループの挑戦』が発刊されました。『徳真会グループ』の活動と理念を通じて、医療のあるべき姿、社会のあるべき姿を掘りさげ、医療関係社はもとより、これからのボーダレス社会を生きる全ての人たちにもお読み頂ける内容となっております。

グループ診療所では、一般発売に先駆けて待合室に設置させて頂いております。
ぜひお手に取ってご覧ください。
尚、院内特別価格での販売も行っております。ご希望の方は受付までお気軽にお申し付け下さい。

5月14日:徳真会グループ理事長 松村博史が「発想の原点!〜人生の大切な瞬間〜」で紹介されました!

2006年5月14日、千葉テレビ「発想の原点!〜人生の大切な瞬間〜」で、当グループ理事長・松村博史が紹介されました。

この番組は、企業トップや各方面で活躍されている方々をゲストに迎えてお話を伺い、次世代のビジネス界を司る リーダー達や経営者・ビジネスマンに対して、これからのビジネスのヒントにしてもらおうという内容です。

松村理事長は番組の中で、「世界で最も優れた歯科医療グループを創る」ため創業時に掲げた診療理念の真意や、グループ展開によるメリットなど国家・社会へ高い貢献のできる組織創りを目指す松村理事長の、世界を視野に入れたグループの経営スタイルを熱く語りました。こちらの番組は千葉テレビの他、後日テレビ埼玉・テレビ神奈川においても放送されました。

5月14日:宮城で5番目の診療所 名取デンタルクリニック オープン

2006年5月14日(日)宮城県では5つ目、グループで29番目の診療所となる「医療法人社団 名取デンタルクリニック」がオープン致しました。
国道258線(仙台館腰線)に面したグループ最大規模の医院となります。

光をテーマとし、2階まで吹き抜けた空間に診療所全体に設けられてたくさんの窓から診療所全体に明るい光が差しこむ開放感溢れる診療所となっております。また新たな設備として2Fにカフェコーナーを設け、お好きなお飲み物を飲みながら、ちょっとしたひとときをお楽しみ頂けます。

診療室はユニット台数13台中、6台を外科室・予防室を含めた個室とし、患者様のプライバシーを守りながらリラックスして治療が受けて頂けます。
各部屋ごとにテーマを設けた室内は、ご来院頂く患者様全てに楽しんで頂ける工夫を凝らしております。

近郊の皆様のご来院を、心よりお待ちしております。

5月16日〜20日:米国サンディエゴにてデンタルショーが開催されました!

5月16日〜20日の5日間、審美歯科を中心とした米国のスタディグループにおいて、WORLD LAB U.S.A.のハイクオリティ部門「Ultimate Styles Dental Laboratory」を主体とした営業ブースが出展となりました。
弊社では、実際に映画女優やモデルとして活躍してるMs.Andreaさんにご協力を頂きました。
審美にこだわりを持つ米国のDrが参加されるショーだけあり、とても熱気溢れる盛大なデンタルショーとなりました。
ワールド・ラボが世界に誇る技術へ、より多くの歯科従事者の方々からのご理解を深めて頂く事ができました。

American Academy of Cosmetic Dentistry
22nd Annual Scientific Session
San Diego, California
May 16 - 20, 2006

5月2日:米国カリフォルニア州アナハイム市にてCDAデンタルショー開催!

米国カリフォルニア州アナハイム市にて、California Dental Association主催によるデンタルショーが開催されました。
例年通り世界中から多くの歯科従事者が集まり、全米から集まる各メーカーからの新製品の説明を、熱心に聞き入っているDrの姿を目にしました。

今年6年目となるWORLD LAB U.S.A.のブース出展も、すでにクオリティが高いという知名度が全米に広がっており、沢山のDrの方々にお越しいただくことができました。より多くのカスタマーに高品質の技工物を提供する為にも、こういったマーケティング機会を増やしていきたいと考えております。

5月2日:ワールド・ラボのロゴが新しく生まれ変わりました

当グループ歯科技工部門 株式会社ワールド・ラボのロゴが、新しく生まれ変わることになりました。
各診療所の先生方や患者様に対し、医療チームとしての責任を全うするべく、カスタマーに対して よりよい技工物とサービスの提供を行うためにも、ワールドラボとして自社独立したロゴを構えるに至りました。
心機一転改めなおし、徳真会グループの一員として、今後も高品質の技工物提供に努めて参ります。
ご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

4月14日:新たに6医院、IDI認定

この度、2006年度1月認定の5医院に引き続き、2006年4月14日付で下記の6医院がNPO法人 歯科医療情報推進機構(IDI)により選出される、認定歯科医院となりました。徳真会グループでは、今回のこの認定を合わせ12医院の認定を受けることができました。2006年夏までにグループ全診療所での認定を目指しています。

いずみデンタルクリニック (宮城県) 認定 第060410162 号
上越診療所 (新潟県) 認定 第061510158 号
しらとり歯科 (新潟県) 認定 第061510161 号
長岡診療所 (新潟県) 認定 第061510170 号
江坂歯科診療所 (大阪府) 認定 第062710157 号
はかた中央歯科 (福岡県) 認定 第064010160 号
NPO法人 歯科医療情報推進機構 (IDI)とは

社会の要請に応えるため、志を高く持った歯科医療研究者や歯科診療所の自発的な参加・協力を得て、 日本で初めて「歯科医院・診療所」の歯科医療機能を客観的に評価するために組織された第三者機関です。審査は、「診療内容・人的環境・改善環境・オフィス環境・管理環境・運営環境」の6つの視点で行われ、患者様にとって「質の良い安心な医療を提供できる医療機関」と認められた歯科医院・診療所だけが認定されます。全国でも基準を満たし認定を受けた歯科医院・診療所は全国の歯科の施設約6万8000の中で2006年4月20日現在では71施設、なかでも新潟地区、九州地区では当グループの診療所が初めての認定を受けました。この認定は当グループ各診療所の医療技術・サービスのレベルが公的機関から評価されたことを意味します。

徳真会グループの診療所では2005年10月認定の松村歯科新潟診療所を皮切りに現在12診療所が認定されており、2006年夏をめどにグループ全国22カ所の全診療所での認定を目指しております。

4月10日:林直樹の臨床写真が、QDT4月号マスターピースへと掲載されました

当グループ技工士 ワールドラボUSA Ultimate Styles Dental Laboratory (SP部門)所属、林直樹の臨床写真「MASTERPIECE A Challenge to Natural Teeth Part VI - Balance with Smaile-」がQDT4月号に掲載されました。

3月31日:ワールド・ラボ USA 林直樹 イタリア講演開催

当グループ技工部門 ワールド・ラボ USA Ultimate Styles Dental Laboratory(SP部門)に 所属する林直樹が「12°Colloquium dental Palazzo dei Congressi Sirmione del Garda」という イタリアで行われた歯科国際大会にて、「A Challenge to Natural Teeh - Una sfide al dentenaturale」という講演を行いました。

3月17日:ワールド・ラボ USA 林直樹 コロラド州デンバーにて講演開催

2006年3月17日当グループの技工部門 ワールド・ラボUSAのSP部門 Ultimate Styels Dental Laboraotry所属する林直樹がコロラド州デンバーにて講演を行いました。

3月17日:上海本部 陳総経理が優秀企業家賞を受賞しました

2006年3月、上海本部陳裕徳総経理が上海長寧区商工業連合会より選出される優秀企業家賞を受賞しました。
この賞は、上海長寧区衛生局より“上海市長寧区における優秀な経営者”を選出し評価するもので、上海の多数の企業の中から厳選された企業のみが選出され与えられます。
今回の受賞は上海の社会及び政府から高い評価を得たという大変名誉な事でもあります。

3月14日:USA歯科専門誌『Doctor of Dentistry』にワールド・ラボUSAが掲載されました

アメリカのロサンゼルスを中心に配布されている歯科医師向けの専門誌『Doctor of Dentistry』へ「Special Feature」と題し、ワールド・ラボUSAをトピックした論文が計4ページに渡り掲載されました。

3月14日:ワールド・ラボUSA 尾形暁信が国際インストラクターに任命

当グループ技工部門 ワールド・ラボUSA Ultimate Styles Dental Laboratory(インプラント部門)所属、尾形 暁信が“Shofu Dental Corporation(松風USA)国際インストラクター”に任命を受けました。

USAにおける松風国際インストラクターでは、初の日本人となります。

同じくSP部門に所属する林直樹と合わせ、1つの技工所内に大手歯科メーカーの国際インストラクターが2名もいる事は世界の技工所を探しても無く、名誉な事となりました。

2月25日:ワールド・ラボUSA 林直樹 シカゴ特別講演開催

米国時間2006年2月25日、シカゴにて米国最大規模のデンタルショーである、「The 141th Chicago Dental Society Midwinter Meeting February 23-26, 2006」が開催され、WORLD LAB U.S.A. / Ultimate Styles Dental Laboratory所属の林直樹による「A Challenge to Natural Teeth 特別講演」が行われました。

3月10日:日経産業新聞に掲載されました

2006年3月10日、日経産業新聞の第11面“医療・介護 改革の主役たち”に徳真会グループが掲載されました。
「歯科診療に経営の視点」というタイトルで、当グループの経営スタイルや格付け取得、今後の展望などが紹介されています。

1月31日:新潟診療所につづき新たに5医院、IDI認定

この度、2005年度10月認定の松村歯科新潟診療所に引き続き、2006年1月31日付で下記の5医院がNPO法人 歯科医療情報推進機構(IDI)により選出される、認定歯科医院となりました。徳真会グループでは新潟診療所をスタートに、2006年春までにグループ全診療所での認定を目指しています。

青葉デンタルクリニック (宮城県) 認定 第060410154 号
利府デンタルクリニック (宮城県) 認定 第060410155 号
青葉第二歯科 (宮城県) 認定 第060410156 号
まつむら第二歯科 (新潟県) 認定 第061510158 号
江坂第二歯科 (大阪府) 認定 第062710157 号

1月30日:歯科界世界初!徳真会グループが格付け機関より格付けを取得

この度、株式会社日本格付研究所(JCR)により、医療法人徳真会グループが世界の歯科界では初めての格付けを取得しました。(2006年1月30日付)

審査では、当グループの運営体制や経営体質、情報開示などによる患者満足度の向上へ向けての姿勢などが総合的に評価され、BB(ダブルBフラット)という評価結果を頂きました。

今回のこの結果を受け、松村理事長は、「一般の上場企業では企業格付けが当たり前になっている今日、歯科界でも組織の第三者評価に積極的に取り組まなければならない。
徳真会グループは第三者機関による高い評価を得られるような組織創りを今後も目指してゆく。」と述べております。

<当グループ格付け取得の掲載>
○2006.2. 7 日本経済新聞 第35面(新潟経済面)
○2006.2.10 日経産業新聞 第10面
○2006.2.14 新潟日報   第 5面

1月16日:日本経済新聞に掲載されました

徳真会グループが、2006年1月16日付けの日本経済新聞の第一面「ニッポンの力」に掲載されました。

1月11日:口臭測定器 ブレストロンを導入しました

口臭治療のご案内

お口の臭いが気になる方へ

ランク 数値(ppb) 表示レベル
NORMAL 0〜250 臭いはありません
MILD 251〜600 かすかに臭いがあります
MODERATE 601〜1500 臭いがあります
SEVERE 1501〜3000 明らかに臭いがあります

結果により虫歯・歯周病・レントゲン審査等の治療へ進む場合は、別途診療代がかかりますのでご了承ください。
また、おおまかな目安ですので、全ての口臭には対応出来ないこともありますので、ご了承ください。

青葉第二歯科では2005.10月より導入しております。
個室もありますので、安心して測定することが出来ます。
自分の口臭を一度測定してみたいという方や口臭チェックをご希望の方はお気軽に診療スタッフ、または受付までお気軽にお問合せください。

導入済み診療所



医療法人 盛真会 青葉第二歯科

この口臭測定器 ブレストロンは全診療所への導入を近日中に予定しております。

1月11日:マイクロスコープを導入しました

最新設備のご案内

医療法人 徳真会グループでは、より精密な治療を患者様に受けていただける様、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を購入致しました。


OPMI picoシリーズ

マイクロスコープとは
通常の視力をはるかに超え、拡大することにより正確に、より精密に処理することができ神経治療・歯垢除去など細かい治療を行う際に必要不可欠になります。

現在の歯科治療においても大変重要な役割を果たします。このマイクロスコープの使用により術後の痛みも、非常に少なくなり治りも早くすることが可能となります。


マイクロスコープ 拡大率 イメージ図

肉眼視力には限界がありますので、マイクロスコープを使うことで、人間の視力の3〜21倍の大きさで見ることができ、より正確な診断と治療が可能になります。

マイクロスコープはこのような治療に役立ちます

マイクロスコープを使うことによる特別な治療費は頂いておりません。

導入済み診療所



医療法人 徳清会 利府デンタルクリニック

このマイクロスコープは全診療所への導入を近日中に予定しております。

ここで本文終了です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ページの終了です。