福岡県春日市・年中無休の総合歯科医院

月~金・祝 9:00~19:00 / 土・日 9:00~18:30  092-595-6688

診療科目

歯の土台の治療(コア) CORE

歯の土台の治療(コア)について

歯の根っこの治療「根管治療」で神経を除去した歯は、中が空洞になっているため、強度を保つために土台をつくります(かぶせ物は土台の上に装着します)。この土台となる部分が「コア」になります。 また、コアには保険適用が可能なメタルコアやレジンコア、自由診療のファイバーコアがあります。費用感が異なりますが、機能面や歯の将来性考慮して、自由診療のファイバーコアを推奨しています。

ファイバーコア(推奨/自由診療)

現在最も新しく歯にも優しい選択肢になります。適度なしなやかさを持った素材のため、クッションの役割になり歯の破折リスクを減らします。また、色も白いため、透明感の高いかぶせ物でも自然な色合いになります。

メリット

  • 適度な強度でクッション性があり歯に負担を掛けない
  • 白いのでセラミックかぶせ物をしても透けない(自然な歯の色)
  • 金属アレルギーのリスクがない

デメリット

  • 自由診療などで費用がかかる
1歯
11,000円(税込み)

メタルコア(保険適用)

金属で作られたコアです。メリットは保険適用による費用の安さですが、機能面ではデメリットが多い素材です。

メリット

  • 保険適用なので費用が安い

デメリット

  • 強度が高すぎて歯の根が割れるリスクがある
  • セラミックなどのかぶせ物の場合は透けて暗くみえる
  • 金属アレルギーのリスクがある

レジンコア(保険適用)

レジン(プラスチック素材)と金属を合わせたコアです。レジンの白いコアの中に金属製の柱を入れて、強度を保ちます。保険適用が可能ですがデメリットがあります。

メリット

  • 保険適用なので費用が安い
  • 白い部分が多いのでセラミックかぶせ物をしても暗くなりづらい
    ※ファイバーコアと異なり金属が透けている部分もある

デメリット

  • 強度が高すぎて歯の根が割れるリスクがある
  • 一部金属で出ているので金属アレルギーのリスクがある
HOME アクセス 診療時間 WEB予約 電話する