医療法人 徳真会グループ

×
close

予防歯科
prevent

歯科のいろは

プラーク(歯垢)と歯石とは?

皆さんもよく耳にする、むし歯の原因となる「プラーク(歯垢)」と「歯石」についてご説明します。これらが一体どういうものか、しっかり理解をして、むし歯を防ぎましょう。

プラーク(歯垢)とはどんなもの?

プラーク(歯垢)とは、歯の表面や歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間に付着している、白いネバネバしたかたまりをいいます。プラークは、水に溶けにくく、歯にしっかりと付着しているため、うがいなどでは簡単に落ちず、歯ブラシや歯間ブラシでなければ、きれいに落とすことが出来ません。

プラークには、口の中で繁殖したたくさんの種類の細菌が住み着いており、わずか1gの1/1000のプラークに、1億個以上の細菌が生息しています。このたくさんいる菌の中に、むし歯や歯周病の原因になる菌が生息しています。

プラーク(歯垢)の形成について

歯の表面に細菌が付着します。細菌が集合して、細菌の巣を形成し始めます。いろいろな種類の細菌が取り込まれていき、細菌の巣成熟していきます。いちど細菌の巣が成熟してしまうと、簡単に取れにくくなります。

歯石とは、どんなもの?

歯石とは、プラーク(歯垢)が唾液の中のカルシウムやリンと結びついて、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間で、石灰化した硬いかたまりのことをいいます。歯石も、歯周病の病気の原因となります。歯石の表面はザラザラしているため、その上にさらにプラークが付着しやすくなります。以上のことから、歯石になる前のプラークの段階で、正しいブラッシング方法や歯間ブラシなどのセルフケアによって、しっかり取り除くことが重要となります。

正しい歯みがきの仕方について詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください

歯石の除去は、歯科医院でしか行えません

歯石になってしまうと、自分では取り除くことが出来ないため、歯科医院にて特殊な専門の器具(スケーリングやPMTCなど)を用いることでしか、除去することしか出来なくなってしまいます。歯石の除去は、国が指定したルールに基づいて、地域が決めた回数に分けて行わなければなりません。

まとめ

プラークは、歯ブラシや歯間ブラシなどで落とすことが可能です。しかし、プラークが石灰化した歯石になってしまうと、歯科医院でしか除去することが出来ないということをおわかりいただけたでしょうか。日々のケアでプラークの発生を防ぐことはもちろん重要ですが、3ヶ月に1回は、歯科医院でお口の状態を診てもらう定期検診をおすすめいたします。また、徳真会グループの歯科クリニックでは、1回の歯石除去で終了したい患者さまには、PMTCをご紹介しております。