矯正歯科

トップページ  診療科目  矯正歯科

ORTHODONTIC

矯正歯科

矯正歯科は歯並びの美しさだけでなく、日々の歯磨きや滑舌など生活に直結した治療を行います。

矯正治療が必要な典型例

前突

前突

上の前歯が強く前方へ傾いているいわゆる出っ歯の他、上顎全体が前に出るケースもあります。

うけ口

うけ口

下の歯が上の歯より前に出ています。下顎が大きすぎるか、または上顎が小さすぎるのが原因です。

すきっ歯

すきっ歯

歯列はすき間なく並んでいるのが理想ですが、歯と歯の間が開きすぎた状態。

開咬

開咬

上下の歯を噛み合わせたとき、前歯の間にすき間があります。指しゃぶりや舌のクセなどが原因です。

交叉咬合

交叉咬合

上下の歯を噛み合わせたとき、上下で中心がズレている状態。さまざまなパターンがあります。

乱ぐい歯、八重歯

乱ぐい歯、八重歯

歯並びが凸凹になっているのが乱ぐい歯、上の糸切り歯が歯列から飛び出るのが八重歯です。

主な治療方法

唇側(表側)矯正

01

唇側(表側)矯正

もっとも一般的な矯正治療です。「ブラケット」という装置を付け、そこにワイヤーを通して歯を少しずつ動かして歯並びをきれいに整えます。ブラケットは金属製だけでなく、プラスチック製、または、セラミック製の目立たないものも選べます。

マウスピース矯正

02

マウスピース矯正

うすい透明のマウスピース型の矯正装置を10日から2週間ごとに交換しながら歯を適切な位置に移動します。取り外しが可能なため、食事などの日常生活を快適に過ごせます。

ORTHODONTIC

5才から始めるこどもの予防矯正

オーストラリア生まれの新しい小児矯正

マイオブレース・システム

Myobrace

マイオブレース・システムで
悪い歯並びの原因を正そう

こどもの矯正では、主にマイオブレースとよばれる予防矯正を提案させていただきます。夜間就寝中などにマウスピースのようなものを装着することで、歯や顎の正常な発達を妨げる口腔習癖を正すことができます。

マイオブレース・システムについて

マイオブレース治療の効果

  • 間違った口腔習癖を改善する
  • 顎の発達や位置を改善する
  • 歯並びを改善する
  • 顔の骨格の最適な発達を促す
  • 健康改善
  • 健康な食習慣を促す

以下のような習慣が身につきます

  • 鼻呼吸
  • 安静時の正しい舌の位置
  • 正しい飲み込み方
  • 唇を閉じた姿勢

矯正歯科の治療費について

矯正治療を行う前に患者さまのご要望や診査診断の結果をもとに治療期間や治療にかかる費用をご説明し、同意をいただけてから治療を行います。そのため、治療費についても患者さまの口腔内の状態によって変化いたします。

ご予約はお電話にてお願いいたします。お名前、症状をお伝えいただき、ご来院の際は必ず保険証をお持ちください。

お電話によるご予約はこちら

072-749-2080

アクセス

月~金

9:00~13:30(受付12:30まで)
15:00~20:00(受付19:00まで)

土・日・祝日

9:00~13:00(受付12:00まで)
14:30~19:30(受付18:30まで)

徳真会グループ 患者さま相談窓口

徳真会グループでは相談窓口を設けて、
患者さまからの治療に関する相談や疑問に
お応えしております。

※ご相談窓口で予約の取り扱いは行っておりません。