ページの開始です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ここからヘッダーです。

ヘッダーをスキップするリンクです。

ここでヘッダー終了です。

ここから本文です。

News & Topics

ニュース&トピックス

2013年の記事

11月28日:徳真会グループ 松村理事長がラジオ番組に出演

11月28日:当グループの松村理事長が、RFラジオ放送(日本テレビ系列1422KHZ)にて放送されているラジオ番組「こんにちは!鶴蒔靖夫です」に出演いたしました。

放送日:平成25年11月28日(木)午前11:30〜11:50
放送局:RFラジオ日本(1422KHz)
番組名:こんにちは!鶴蒔靖夫です
番組趣旨:放送回数7,600回を超え、政財界、経営者、文化人、医療、スポーツなどの各界でご活躍中の方々にお話を伺う対談番組です。

今回のテーマ:「進化する徳真会グループ」

今回で出演13回目となりますが、日進月歩で進化する歯科医療に対する新たな取り組みについて、今回はお話させて頂きました。

【今回の放送内容】

1.今年1年を振り返っての感想
2.安倍政権がスタートして1年、「医療分野」で何か変化はあったか
3.政府では、国民健康保険の運営などを見直す動きがあるが、何か提言はあるか
4.渋谷の「青山ヘルスタワープロジェクト」について
5.青山ヘルスタワーについて、「創造と発信」をコンセプトにしているが、どのような思いが込められているか
6.第3回Anuual Meeting開催についての感想
7.歯の治療や技術など、海外から学ぶことについて
8.医療が進化していく中で、来年はどんな取り組みに力を入れていくか

ぜひご視聴ください。

放送されたラジオが聴けます。

「こんにちは!鶴蒔靖男です」

RFラジオ放送(日本テレビ系列1422KHZ)で放送されました

11月19日:日本歯科新聞で徳真会グループのAnnual Meetingが紹介されました。

2013年11月19日 日本歯科新聞で徳真会グループのAnnual Meetingが紹介されました。

見出し:「インプラント周囲炎病因や対応など解説」

書き出し:日本最大級の歯科法人である医療法人徳真会(本部新潟市・松村博史理事長)は第3回の年次総会を東京・目黒の同本部研究拠点で3日に開催した。・・・・・ ※写真は「インプラント周囲組織への挑戦」を発表されたLyngstadaas先生


11月3日:先端歯科医療研究所にてTokushinkai 3rd Annual Meetingが開催されました。

2013年11月3日、徳真会グループ先端歯科医療研究所にて、Tokushinkai 3rd Annual Meetingが開催されました。

本会は、先端歯科医療に関する科学的知識と技術をグループ内は勿論、大学をはじめとする各国からの研究者同志がお互いに情報交換し、患者さまに有効な最先端の治療を提供することを目的に開催されています。

本年で3度目となるAnnual Meetingは、昨年に引き続き、国際色豊かにすべて英語で行われ、「インプラントの現在、そして未来 –インプラント周囲炎を考える-」というタイトルのもと、5名の先生方がご講演を行いました。

(講演1)Professor Staale Petter Lyngstadaas
「インプラント周囲組織への挑戦:口腔組織の再生と維持に対する生物学的なアプローチ」
(講演2)Dr. Johan Caspar Wohlfahrt
「歯周炎とインプラント周囲粘膜炎−有病率と治療戦略」
(講演3)Ultimate Styles 代表 林直樹氏
「インプラントの力」
(講演4)東京医科歯科大学非常勤講師
真坂歯科医院 院長 岡田常司先生
「急増するインプラント周囲炎への対応」
(講演5)Dr. James KF Chow
「辺縁の骨欠損 – いつ、どうやって対応するか? −」

それぞれのご講演の後は質問やディスカッションが活発に行われ、日ごろからのメインテナンスや患者さまとのコミュニケーションの大切さについて議論が交わされました。

インプラントはその有効性から日本でも沢山の患者さまに施術されています。
しかし、重要なことはインプラントにもメインテナンスが欠かせないということです。
メインテナンスを怠ると、インプラント周囲炎を引き起こす確率が高まります。
定期的なメインテナンスが必要不可欠です。

インプラント施術後のメインテナンスについて、詳しくは徳真会グループ各診療所にてお問い合わせください。


10月:徳真会グループ松村博史理事長が寄稿された書籍、「トップが綴る わが人生の師」がPHP研究所から発刊されました。

徳真会グループ松村博史理事長が寄稿された書籍、
「トップが綴る わが人生の師」がPHP研究所から発刊されました。

この書籍は企業・団体のトップリーダーの方々の寄稿が一冊にまとめられたもので、
PHP研究所において二十余年にわたり毎年刊行されているシリーズの2014年版です。

各界でご活躍されているトップリーダーの方々の、
生き方や人生を決定づけた「人生の師」との出会いについての数々の原稿がまとめられており、
次代を担う人たちにとって、先行きの見えない混迷の次代を生き抜くための指標となるような内容になっています。

その中で松村理事長も
『MKグループオーナー 青木定雄氏』というタイトルで寄稿されています。

診療所の待合室にも置いてありますので、
是非お手に取ってご自由にお読みください。

※この書籍は一般書店では取り扱っておりません。

10月10日:宮城県庁に義援金を贈呈致しました。

当グループで募っているマッチング寄付、総額538,154円(2013年2月〜8月分)を10月7日(月)、グループを代表し仙台地区エリアリーダーである衣斐先生が宮城県庁へ贈呈致しました。

徳真会グループでは今後も継続的に実施し、被災地の復興と被災者の健康支援に寄与したいと考えております。
ご協力していただきました皆さまには、心より感謝申し上げます。

10月8日:Ultimate Styles Dental Laboratory代表の林直樹氏が特別講師として登壇しました。

9月27、28日に、ポーランドのワルシャワ「アンデルスホテル」にて国際学術講演が開催されました。

世界中から著名な先生方や、歯科技工士が参加し、高い知識・経験・スキル等を共有する実用的なワークショプです。

このイベントに当グループ、Ultimate Styles Dental Laboratory代表の林直樹氏が特別講師として登壇し、取りを務めさせていただきました。

今回「A Challenge to Natural Teeth - Past FUTURE」を演題に講義し、日本人代表として多くの歯科関係者から称賛を得ました。

【Ceramists 2013 in Loodz,Poland】
http://ceramists2013.pl/index.php/en/

9月6日:徳真会グループ 松村理事長がラジオ番組に出演

9月6日:当グループの松村理事長が、RFラジオ放送(日本テレビ系列1422KHZ)にて放送されているラジオ番組「こんにちは!鶴蒔靖夫です」に出演いたしました。

放送日:平成25年9月6日(金)午前11:30〜11:50
放送局:RFラジオ日本(1422KHz)
番組名:こんにちは!鶴蒔靖夫です
番組趣旨:放送回数7,000回を超え、政財界、経営者、文化人、医療、スポーツなどの各界でご活躍中の方々にお話を伺う対談番組です。

今回のテーマ:「医療制度改革の未来」

今回の放送はこれまでシリーズで放送してきた「医療制度改革」についての第4回目の対談で、『医療制度改革の未来』というテーマで行われ、過去3回の対談をまとめとなる内容となりました。
医療制度や政治、財源、教育の観点から、パーソナリティの鶴巻さんと改革のあり方について対談を行っております。
また、冒頭にはモナコでの世界に広がる起業家のための表彰制度である、EOY世界大会(Entrepreneur Of The Year)に日本代表として出場した模様についてもお話させていただいております。

【今回の放送内容】

1.WEOY世界大会での、日本の医療制度についての参加者の反響について
2.世界の起業家と話をする中で、見つかったビジネスのヒントについて
3.医療制度改革を加速する上で、安倍政権に期待すること
4.国民皆保険制度を維持するために必要な政府の取り組みについて
5.資本と経営の分離など、病院経営見直すべきあり方について
6.医療人を育てる教育改革のポイントについて
7.グローバル時代に対応する医療従事者の育成について
8.医療制度改革を進めるための、患者様の理解と協力について

ぜひご視聴ください。

「こんにちは!鶴蒔靖男です」

放送されたラジオが聴けます。

9月6日:Ultimate Styles Dental Laboratory代表 林直樹氏の論文及び症例が、国際審美学会AACDの学会誌に掲載されました。

この度、当グループの技工士であるUltimate Styles Dental Laboratory 代表 林直樹氏の論文及び症例が、国際審美学会AACD(American Academy of Cosmetic Dentistry)の学会誌『Journal』に掲載されました。

AACDとは、1984年に創立された、世界70カ国、約8,000名の歯科医師、歯科技工士、歯科従事者の会員からなる世界で最も大きな由緒ある国際審美学会です。

これまで、数々の商業紙に林氏の論文や症例が掲載されてきましたが、今回は、非常に格式の高い学会誌に大きく特集を取り上げていただきました。
これは、林氏の技工技術の高さを物語ると同時に、当グループが世界の歯科医療業界において高く評価されたことを意味します。

徳真会グループでは、今後も技工界ならびに歯科医療業界の発展に貢献すべく、先駆的な取り組みと高い技術でグローバル展開を拡大していきます。

9月1日:8月のマッチング寄付集計

8月のマッチング寄付(各診療所窓口で集まった寄付金の10倍の額を各診療所で
加算して寄付する方式)の合計は、以下のとおりでした。



後日、宮城県庁を通して寄付させて頂きます。
ご協力していただきました皆さまには、心より感謝申し上げます。

8月10日:当グループのアスティーニデンタルが男性ファッション誌『Men's NON-NO 9月号』に掲載されました。

当グループのアスティーニデンタルが、男性ファッション誌『Men's NON-NO 9月号』に掲載されました。

「歯医者に行きたくなる!最新デンタルケア読本」の特集で取り上げていただきました。

特集内容は別々のクリニックの歯科医師3名が数々の疑問に答えていく内容となっており、アスティーニデンタルの藤井院長も取材を受けました。

歯科に関する素朴な疑問を解決することができ、ホワイトニング、セレックなど最先端の歯科治療の情報を知ることができる内容となっております。

ぜひ、ご覧ください。


【アスティーニデンタル】
http://ustiiny.jp/

【Men's NON-NO HP】
http://www.mensnonno.jp/

8月1日:7月のマッチング寄付集計

7月のマッチング寄付(各診療所窓口で集まった寄付金の10倍の額を各診療所で
加算して寄付する方式)の合計は、以下のとおりでした。



後日、宮城県庁を通して寄付させて頂きます。
ご協力していただきました皆さまには、心より感謝申し上げます。

7月7日:韓国にて第5回国際歯科技工学術大会が開催され、Ultimate Styles Dental Laboratory代表の林直樹氏が登壇しました。

7月5日(金)〜7日(日)の3日間にわたり、韓国大田市(テジョン)国際会議場(コンベンションセンター)にて、「第5回国際歯科技工学術大会(日本歯科技工学会第35回学術大会併催)」が開催されました。

今回は「To the Esthetic world」をテーマに、海外からも沢山の参加登録がありました。 林直樹氏は特別講演で「A Challenge to Natural Teeth - Past FUTURE」を演題に講演いたしました。
他、日本からも第一線でご活躍されている著名な先生方の講演があり、大変多彩な内容の学術大会でした。

なお、次回の第36回学術大会は、来年の9月20日(土)・21日(日)に、北海道学術交流会館にて 開催される予定です。

7月1日:6月のマッチング寄付集計

6月のマッチング寄付(各診療所窓口で集まった寄付金の10倍の額を各診療所で
加算して寄付する方式)の合計は、以下のとおりでした。



後日、宮城県庁を通して寄付させて頂きます。
ご協力していただきました皆さまには、心より感謝申し上げます。

7月1日:『日経ビジネス』2013.7.1号(日経BPムック社出版)にて当グループ理事長が「World EOY2013」に参加した記事が掲載されました。

7月1日号の『日経ビジネス』において、世界に広がる起業家のための表彰制度「Entrepreneur Of The Year 2013」の世界大会である「World EOY2013、(以下WEOY)」に、当グループ理事長が日本代表として参加した記事が掲載されました。

6月5日〜9日にモナコ公国で開催された世界大会WEOYには、世界47カ国49 名の代表が参加し、世界一を決める審査会やアワードレセプションが開かれました。
記事では、WEOYの大会の模様や、大会後の当グループ理事長のコメントなどが掲載されています。
ぜひともご覧ください。

尚、WEOYの詳細については、以下のホームページをご覧下さい。

EOY公式ページ(新日本有限責任監査法人)
http://www.shinnihon.or.jp/eoy/

当グループ特設サイト
http://www.tokushinkai.or.jp/WEOY/index.html

6月26日:林直樹氏の臨床写真が「QDT Year Book 2013」(世界版)に掲載されました。

「Quintessence of Dental Technology 2013」

こちらの表紙の写真は、Ultimate Styles Dental Laboraotry 代表を務める 林直樹氏が自ら撮影された患者様の写真です。
また、林氏の臨床ケースも、本誌内に掲載されております。林氏自身、本誌への論文選出は実に5度目の経験となります。

「QDT Year Book 2013」とは、年間を通じて高い評価を得た世界中の論文及び症例発表をまとめた由緒ある学術誌です。
ここに掲載される臨床家は、グローバルな視点から第三者評価に基づく実効性の高い臨床評価と学術的評価を得られたことを立証するものとなります。
当グループ 林直樹氏の臨床ケースが掲載されたこと及び本誌のカバーページに抜擢されたことは、日本の歯科医療従事者を代表し、世界的評価を得られた証です。


6月26日:6月14日15日林直樹氏が国際歯科接着学会で講演を行いました

 

「5th International Congress on Adhesive Dentistry」

6月14日15日、The University of Pennsylvania School of Dental Medicine主催の5th International Congress on Adhesive Dentistry(第5回国際歯科接着学会)にて、
Ultimate Styles Dental Laboratory代表の林直樹氏が講演を行いました。

各国を代表する著名な歯科医師が登壇する層々たる顔ぶれの中、オオトリを務めました。
権威ある国際学会で、一人の日本人として歯科技工士として、各国の歯科従事者から多くの称賛を得ました。

6月23日:Ultimate Styles Dental Laboratoryの林直樹氏が、リクルート進学雑誌で紹介されました。

 

リクルート発行季刊誌『リクナビ進学BOOK』の職業紹介「仕事と人」ページに、歯科技工士職の紹介として林直樹さんの記事が掲載されました。
この雑誌は、全国の高校生むけの無料進学情報誌で、発行部数は32万部。
林さんは歯科技工職を代表する存在として、若き学生に歯科技工士の夢ある可能性を示す存在として紹介されています。

<<記事文章>>
見た目の美しさだけでなくリアルな質感の歯をつくる
林直樹さんは国際的に活躍する歯科技工士。米国の歯科技工所で、患者さんが求める理想の義歯づくりに取り組んでいる。
米国では単なる治療にとどまらず、見た目のよさも追求する「審美歯科治療」を希望する患者さんが多い。「1本数時間でつくる技工所もありますが、私は必ず4〜5日かけて製作します。美しさと同時に、義歯だと気づかれないリアルな質感を目指しています。」と、林さんは話す。
審美歯科治療はほとんどが医療保険適用外。最高度治療ではとくに高額になり、1本の制作が2000ドル(約20万円)になることもある。「だからこそ、患者さんが満面の笑みを浮かべる瞬間は、いつ立ち会っても最高ですよ」

<取材した仕事人>紹介
医療法人徳真会グループ Ultimate Styles Dental Laboratory社
マイスターS級テクニシャン 林 直樹さん
高校生のとき「歯にかかわる仕事は人々を健康的な笑顔にでき、高収入も目指せる」と聞き、技工士を目指した。専門学校卒業後、国内の歯科工所に就職し、8年後現会社に転職。現在、国際学会での講演も多数引き受けている。

6月22日:「歯科分野における情報セキュリティ講演会」のご案内。


日 時:平成25年6月27日(木) 15:00 〜 17:00

主 催:医療法人 徳真会グループ

対象者:歯科医師、衛生士、スタッフなど歯科医療関係者

参加費:無料(30名まで)

申 込:事前に下記の電話で申込をお願いします。
     電話番号:03−6431−9809

会 場:医療法人 徳真会グループ 東京研修センター 東京都目黒区目黒1- 6-17目黒プレイスタワー12階

講 師:独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター  加賀谷 伸一郎 先生

テーマ:「情報漏えいを防ぐIT系情報セキュリティ対策のあり方」

6月16日:世界起業家大会2013の世界大会にて、日本代表として表彰されました。

世界に広がる企業家のための表彰制度であるEOY(Entrepreneur Of the Year)において大賞を受賞した当グループ理事長が、6月5日から6月9日まで、モナコで開催された世界大会「World EOY 2013」に参加し、日本代表として表彰されました。

EOYは、世界60ヶ国、145都市で開催されており、各国で厳しい審査を勝ち抜いた代表が毎年6月に一堂に会して表彰を行うとともに、世界一を決めます。
今年選出された世界47ヶ国、49名の代表は、業種や創業年数のみならず事業規模も様々で、それぞれに特徴のある素晴らしい企業家ばかりです。

医療分野で初めての受賞となった当グループ理事長は、その独自性や社会貢献度から、世界でも大変注目を集めました。
特に、医療業界の規制を打破し、患者様本位の医療をグローバル展開している点が非常に高く評価されました。

徳真会グループは、「医療ビジネス」ではなく、「医療サービス」を追求していきます。今後も、世界で最も優れた歯科医療グループを創るため、徳真会グループのあくなき挑戦は続いていきます。

6月1日:5月のマッチング寄付集計

5月のマッチング寄付(各診療所窓口で集まった寄付金の10倍の額を各診療所で
加算して寄付する方式)の合計は、以下のとおりでした。



後日、宮城県庁を通して寄付させて頂きます。
ご協力していただきました皆さまには、心より感謝申し上げます。

5月16日:徳真会グループ 松村理事長がラジオ番組に出演

当グループの松村理事長が、RFラジオ放送(日本テレビ系列1422KHZ)にて放送されているラジオ番組「こんにちは!鶴蒔靖夫です」に出演します。

放送日:平成25年5月24日(金) 午前11:30〜11:50
放送局:RFラジオ日本(1422KHz)
番組名:こんにちは!鶴蒔靖夫です
番組趣旨:放送回数7,000回を超え、政財界、経営者、文化人、医療、スポーツなどの各界でご活躍中の方々にお話を伺う対談番組です。

今回のテーマは、「医療教育の改革」です。

昭和36年に施行された、日本の国民皆保険制度は世界に誇る制度として、国民の健康を守ってきました。
その一方、膨大な医療費など様々な問題が浮かび上がってきています。
そこで、今回は日本の医療制度の改革とともに、医療の質を高めていくために重要な教育改革についてお話をさせていただきました。

【収録内容】
1.医療制度ではどんな改革が必要なのかについて
2.臨床参加型教育の現状と課題について
3.患者さまの理解を得るための海外での工夫について
4.医療従事者の国家試験で追加すべき項目について
5.国際人教育の在り方について
6.海外からの留学生の受け入れや就労機会の拡大について
7.医療マネジメントのスペシャリストを養成する教育機関の整備の重要性について
8.患者さまの理解と協力について
9.医療制度のあるべき姿とは

ぜひご視聴ください。

「こんにちは!鶴蒔靖男です」

放送されたラジオが聴けます。

5月5日:宮城県石巻市に石巻デンタルクリニックがオープンしました

2013年5月5日(日)に宮城県石巻市に新しく石巻デンタルクリニックがオープンいたしました。

また、オープン前日の5月4日(土)には内覧会を開催させて頂きました。
お子さまからご年配の方まで幅広い年齢層の方にお越しいただき、約80名以上の方にお越しいただきました。

今後も被災地の復興支援の一助として取り組んでゆきます。
地域の皆さまに愛され、地域に貢献できるクリニック創りを目指していきたいと考えております。

〈 石巻デンタルクリニック 〉
住所:〒986-0861 宮城県石巻市蛇田字新大埣95
電話番号:0225−25−5088
URL:http://www.tokushinkai.or.jp/clinic/ishinomaki/

5月1日:4月のマッチング寄付集計

4月のマッチング寄付(各診療所窓口で集まった寄付金の10倍の額を各診療所で
加算して寄付する方式)の合計は、以下のとおりでした。



後日、宮城県庁を通して寄付させて頂きます。
ご協力していただきました皆さまには、心より感謝申し上げます。

4月26日:『日経ビジネス』(日経BPムック社出版)2013.4.29-5.6合併号内の「EOY2012Japan」にて当グループ理事長が日本代表に選出された記事が掲載されました

2013年4月29日・5月6日号の「日経ビジネス」にて、世界に広がる起業家のための表彰制度「Entrepreneur Of The Year 2013 Japan、以下EOY Japan」で、当グループ松村理事長が日本代表に選出された記事が掲載されました。
日本では、2001年から「EOY Japan」が始まり、新たな事業領域に挑戦する起業家を称え、ロールモデルを紹介してきました。
今年の6月にモナコで開催される世界大会「World EOY2013」に参加し、その年の世界を代表する起業家を目指します。

【EOYとは】
EOYとは、1986年、国際会計事務所アーンスト・アンド・ヤングの提唱で誕生した起業家表彰制度。
「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー(Entrepreneur Of The Year)」の略称で、起業家の功績を称える世界的な表彰制度です。
現在は世界約50カ国、140以上の都市において開催され、毎年各国で魅力的な企業の創業者や経営者を表彰しています。

詳細については、以下のホームページをご覧下さい。
http://www.shinnihon.or.jp/eoy/news/20121119.html

4月22日:当グループクリニックが結婚情報雑誌『ミスウェディング2013』に掲載されました

当グループのアスティーニデンタルが結婚情報雑誌『ミスウェディング 2013』に掲載されました。

香川絵馬さんの紹介で、Bridal Whiteningのコースについて取り上げていただきました。
ぜひ、ご覧ください。

【アスティーニデンタル】
http://ustiiny.jp/

【ミスウェディング HP】
http://wedding.miss.jp/

4月21日:5月4日(土)石巻デンタルクリニック内覧会開催のお知らせ

5月5日(日)に宮城県石巻市にオープンする「石巻デンタルクリニック」にて、以下の日程で内覧会を開催いたします。

開催日:5月4日(土)
場所:石巻デンタルクリニック(宮城県石巻市蛇田字新大埣95番地)

また、治療のご予約の受付を開始しておりますので、
ご予約をお取りになりたい方は以下までご連絡下さい。
TEL:0225-25-5088

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

4月15日:「アポロニア21」4月号に当グループ理事長とLyngstadaas教授の対談記事が掲載されました

2013年4月1日(月)に発行されました、「アポロニア21」4月号に当グループ理事長とLyngstadaas教授の対談記事が掲載されております。

Lyngstadaas教授はオスロ大学歯学部の教授をなされており、「エナメルタンパク」の研究で世界的に有名な方です。
そんなLyngstadaas教授に、当グループ理事長がノルウェー歯科医療の現状と課題についてインタビュー致しました。

【ご購入はこちらから】
http://www.dentalnews.co.jp/apollonia21_new.html

4月8日:上海市盧湾に徳真会グループのクリニックがオープンしました

2013年4月1日、上海市の盧湾に徳真会グループ36ヵ所目となる【上海徳真会格維診所】がオープン致しました。

住所:〒2000-21 上海市盧湾区淮海中路93号大上海時代広場辦公樓4F
電話番号:010-86-21-3366-6129

【詳細はこちらから】
http://www.tokushinkai.com.cn/zhensuo/fenbu/2013/0331/439.html

4月1日:3月のマッチング寄付集計

3月のマッチング寄付(各診療所窓口で集まった寄付金の10倍の額を各診療所で
加算して寄付する方式)の合計は、以下のとおりでした。



後日、宮城県庁を通して寄付させて頂きます。
ご協力していただきました皆さまには、心より感謝申し上げます。

3月20日:当グループ歯科技工士 夛田博知の症例が、QDT3月号に掲載されました

3月10日発行の、歯科医師・歯科技工士のためのマンスリージャーナルQDT3月号に
当グループの歯科技工士マイスターA級テクニシャンの夛田博知の症例が掲載されました。

【QDTとは】
補綴・修復治療や歯科技工の最新潮流に加え、日常臨床に直結するベーシックな手技・ラボワークに関するテーマを扱っており、歯科医師と歯科技工士のコラボレーション誌として好評です。

詳細については、以下のホームページをご覧下さい。
http://www.quint-j.co.jp/web/qdt/

3月16日:TPP参加について、当グループ理事長がコメントしたものが日本経済新聞に掲載されました

3月16日(土)発行の日本経済新聞にて、当グループ松村理事長がTPP参加についてコメントしたものが掲載されています。

歯科医療の観点から見据えた旨の内容が掲載されています。

ぜひ、ご覧くださいませ。

3月7日:2月のマッチング寄付集計

2月のマッチング寄付(各診療所窓口で集まった寄付と同額を各診療所で
加算して寄付する方式)の合計は、以下のとおりでした。



後日、宮城県庁を通して寄付させて頂きます。
ご協力していただきました皆さまには、心より感謝申し上げます。

2月27日:中国広東省にて行われた『第18回 華南国際口腔展』において、松村理事長が講演を行いました

2月27日(水)、当グループの松村理事長が中国広東省のウェスティンホテルにて開催された、『第18回 華南国際口腔展』において講演を行いました。

広東省は、歯科機材の最大の生産地であり、技工所の規模も最大であることで有名な地区で、世界各地の有名な教授や725のメーカーが参加し、世界90カ国3万5,000人が集まる中国最大規模のデンタルショーになりました。

この講演では、徳真会グループの紹介や教育制度について話をさせて頂き、技術だけではなく、人間力や仕事観を学ぶ大切さを伝えさせていただきました。

ここで話させていただいた内容が、歯科業界活性化の一助となればと思います。

2月25日:「おひさまだより vol64」が発刊されました

患者さまと徳真会グループスタッフのコミュニケーションジャーナル「おひさまだより vol64」が発刊されました。

各クリニックにて配布しております。どうぞお手に取ってご覧ください。

こちらのホームページからもお読みいただけます。

2月21日:徳真会グループ 松村理事長がラジオ番組に出演

当グループの松村理事長が、RFラジオ放送(日本テレビ系列1422KHZ)にて放送されているラジオ番組「こんにちは!鶴蒔靖夫です」に出演します。


放送日:平成25年2月26日(火) 午前11:30〜11:50
放送局:RFラジオ日本(1422KHz)
番組名:こんにちは!鶴蒔靖夫です
番組趣旨:放送回数7,000回を超え、政財界、経営者、文化人、医療、スポーツなどの各界でご活躍中の方々にお話を伺う対談番組です。


【収録内容】
1.世界的な起業家表彰制度で日本代表に選出された感想
2.国の「税制改革」について
3.外貨獲得の手段として、海外で医療サービスに取り組むメリットについて
4.財源を確保するための病院側の努力について
5.病院を安定させるための手段について
6.病院の資本と経営、現場を分離することによるメリットについて
7.「地方分権型医療」に期待すること
8.外国人医療スタッフの受け入れが進まない理由について
9.生活習慣病の医療費負担について
10.自己管理の大切さを国民に理解してもらうことの重要さについて

ぜひご視聴ください。

「こんにちは!鶴蒔靖男です」

放送されたラジオが聴けます。

2月14日:「おひさまだより総集編 第3号」が発刊されました

2月14日(木)、患者さまと徳真会グループスタッフのコミュニケーションジャーナル「おひさまだより総集編 第3号」が発刊されました。

おひさまだよりVol46〜62までに掲載されている、当グループ松村理事長のメッセージが記載されております。

各クリニックの待合室に置いてありますので、ぜひお手に取ってご覧ください。


購入をご希望の方は受付スタッフまでお申し付けください。

販売価格:100円(税込)

2月4日:1月のマッチング寄付集計

1月のマッチング寄付(各診療所窓口で集まった寄付と同額を各診療所で
加算して寄付する方式)の合計は、以下のとおりでした。



後日、宮城県庁を通して寄付させて頂きます。
ご協力していただきました皆さまには、心より感謝申し上げます。

1月20日:1月20日発刊の鶴蒔靖夫氏による執筆書「続続 大変革を読むヒント - 話のキャッチボールから - 」に当グループ松村理事長との対談内容が掲載されました

1月20日発刊の鶴蒔靖夫氏による執筆書「続続 大変革を読むヒント - 話のキャッチボールから - 」に、平成23年10月11日にラジオ日本「こんにちは!鶴蒔靖夫です」にて放送された、当グループ松村理事長との対談内容が掲載されました。

待合室にも置いてありますので、ぜひご覧ください。
(掲載ページ:486ページ〜491ページ)

<対談内容>
1.創業30年目の総括
2.先端歯科医料について
3.徳真会グループ先端歯科医療研究所設立について
4.Ustiiny Dental Instituteにおける先端歯科医料の取り組み
5.稲城市・新規オープンわかば台デンタルクリニックについて
6.歯科医療の現状と今後
7.徳真会グループの目標

【ご購入はこちらから】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4872183835.html

1月7日:12月のマッチング寄付集計

12月のマッチング寄付(各診療所窓口で集まった寄付と同額を各診療所で
加算して寄付する方式)の合計は、以下のとおりでした。



後日、宮城県庁を通して寄付させて頂きます。
ご協力していただきました皆さまには、心より感謝申し上げます。

1月1日:「おひさまだより 新春特別号 2013」が発刊されました

患者さまと徳真会グループスタッフのコミュニケーションジャーナル「おひさまだより 新春特別号 2013」が発刊されました。

各クリニックにて配布しております。どうぞお手に取ってご覧ください。

こちらのホームページからもお読みいただけます。

ここで本文終了です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ページの終了です。