医療費控除

トップページ  料金  医療費控除

DEDUCTION

医療費控除

患者様の医療費の負担を少しでも軽くするために、支払った医療費の一部が戻ってくる医療費控除のしくみについてご紹介します。

医療費控除とは

医療費が年間一定額を超えた(基本的に10万円)場合、確定申告の際に申告をすると還付金を受け取ることができます。所得税を納税する人が、自分や生計を一にする家族のために医療費を支払った場合にも適用されます。この医療費とは、「医師または歯科医師」による「診療または治療」とされており、「歯の治療費」も含みます。
対象となる医療費は、課税対象年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費です。

国税庁ホームページへ

外部サイト

医療費控除に該当する治療

ここでは歯の治療で医療費控除の対象となる主なものをご紹介します。詳細は所轄官庁やお近くの税務署までご相談ください。

控除対象になるもの

  • 虫歯の治療
  • 抜歯
  • 歯周病治療
  • 歯の被せ物・入れ歯
  • インプラント
  • 通院費
  • 歯科ローン

控除対象外にならないもの

  • 歯垢や歯石の除去
  • 美容や審美を目的とした治療
  • 自家用車でいった場合のガソリン代・駐車場代

医療費控除額の計算方法

医療費控除を行うと所得税、住民税が戻ってきますここでは医療費控除の計算方法をご紹介します

医療費控除の計算式

医療費控除の計算式 医療費控除の計算式

※所得金額が200万円未満の人は、所得金額の5%

医療費控除額の申請するには

医療費控除を受けるには確定申告で申請する必要があります申告方法は大きく別けて3つあります

1|直接税務署に立ち寄る

管轄している税務署に直接申告をしてください。税務署の所在地が分からない場合は国税庁ホームページから調べる事ができます。

税務署の所在地を知りたい方はこちら

外部サイト:国税庁ホームページ

2|税務署に書類を郵送する

国税庁ホームページから申告書を内容を記入し、管轄の税務署に郵送してください。

申告書作成ページはこちら

外部サイト:国税庁ホームページ

3|インターネットで申告する

税務署ホームページ内にある国税電子申告・納税システム『e-Tax』を利用して簡単に申告することが可能です。医療費控除の計算も自動で行なえます。

e-Taxページはこちら

外部サイト:国税庁ホームページ

申告する為に準備するもの

申告に必要なもの

  • 印鑑
  • 源泉徴収票
  • 医療費の領収書
  • 還付金の振込先の情報
  • マイナンバーの記載及び本人確認書類

医療費控除を申告するには医療費の領収書・レシート・控え等が必要です。なくさないように保管しましょう

※当院は領収書の再発行はおこなっていません。予めご了承ください

医療費控除の申告期間・有効期間

確定申告の申告期間は毎年翌月2月16日~3月15日(2019年現在)です。忘れずに申告しましょう。

2月・3月は税務署が非常に混雑します。1月から準備を進め、なるべく早く申告をしましょう。また、医療費控除の請求期間は、対象となる医療費が発生した年の翌年1月1日から5年間です。

ご予約はお電話にてお願いいたします。お名前、症状をお伝えいただき、ご来院の際は必ず保険証をお持ちください。

お電話によるご予約はこちら

03-3949-8818

アクセス
  • ×

月・火・木~日

9:00~13:00(受付12:00まで)
14:30~20:00(受付19:00まで)

×

休診

徳真会グループ 患者さま相談窓口

徳真会グループでは相談窓口を設けて、
患者さまからの治療に関する相談や疑問に
お応えしております。

※ご相談窓口で予約の取り扱いは行っておりません。