先端歯科医療研究所 設立理念

徳真会グループは、国内外(世界8カ国)において、約1,000人のスタッフが年間80万人を超える患者さまの診療に携わらせていただいています。

この事実は、徳真会グループには科学的根拠に基づいた高度な歯科医療を地域社会に貢献していかなければならない社会的責任と義務が求められているということに他なりません。そのため、患者さまの診療にあたる歯科医師ならびに医療スタッフが、安全で質の高い均一化された歯科治療を提供できるように、常に知識と技術を高めていかなければなりません。これを達成するための具体的な手段の1つとして、研修施設を備えた「研究部門」を2011年7月、東京の目黒プレイスタワー12階に新設させました。

研修施設からは、国内外に広がる徳真会の各クリニック、ワールドラボ、ゼネラルスタッフをウェブでつなぎ、患者さまの治療にいかせる知識や技術を発信していきます。また、明日の治療に有効な新たな知識・技術を獲得するため、国内外の大学や研究施設とともに先端歯科医療の研究を行っていきます。

ワールドラボ東京本部(技術部門) ゼネラルスタッフ東京本部(運営部門) アスティーニデンタル(診療部門) 青葉デンタルクリニック 利府デンタルクリニック いずみデンタルクリニック 松村歯科新津診療所 松村歯科新潟診療所 松村歯科長岡診療所 みのおデンタルクリニック 松村歯科新潟診療所 松村歯科新津診療所 まつむら歯科立川診療所 みのおデンタルクリニック 青葉デンタルクリニック いずみデンタルクリニック 松村歯科新津診療所 松村歯科新潟診療所 松村歯科長岡診療所 まつむら歯科立川診療所 みのおデンタルクリニック まつむら歯科立川診療所 みのおデンタルクリニック

東京本部においては、すでに活動を開始しているアスティーニ・デンタルを診療部門、ワールド・ラボを技術部門、そして今回完成した研究部門らを統合し、「先端歯科医療研究所」として新たにスタートしていくことになりました。そして、ゼネラルスタッフ東京本部が運営部門としてサポートしていきます。今後も徳真会グループは、患者さまに満足していただける高度な歯科医療を提供していくための努力を続けていきます。

また、『先端歯科医療研究所 研究部門』には、“Human Development Academy”の運営と大学歯学部卒業後の協力型研究施設(上の表)の管理を行うという重要な存在価値を持っています。厚生労働省から臨床研修施設として認定を受けた徳真会グループのクリニックでは質の高い臨床研修が施行されています。これらは、それぞれが互いに有機的に結びつき、フィードバックされることで、医療現場における相乗効果が生じると考えています。(協力型研修施設一覧)


オスロ大学(ノルウェー)歯学部 臨床歯学研究との共同研究について

徳真会グループは、明日の歯科医療に有効な知識・技術を切り開くため、戦略的な産学連携を進めていきます。
その第一歩として、先端歯科医療研究所は、オスロ大学歯学部の臨床歯学研究所と共同研究を行っていくことになりました。

オスロ大学は、1811年に設立されたEUを代表する名門大学です。
世界大学ランキングには常に上位にランキングされ、またノーベル平和賞を取り仕切る大学としても有名です。

歯学博士 石川 烈 先生

歯学博士 石川 烈 先生

先端歯科医療研究所 所長

1965年 東京医科歯科大学卒

東京医科歯科大学 名誉教授
東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 顧問

日本歯周病学会 元理事長
日本歯科保存学会 名誉会員
日本口腔インプラント学会 元副理事長
口腔病学会 名誉会員

日本歯周病学会 専門医
日本歯科保存学会 専門医
日本口腔インプラント学会 指導医・認定医
日本レーザー歯学会 指導医・認定医

※上記、講師の略歴・役職は、2014年2月現在のものです。

先端歯科医療研究所の活動

田上教授御講義

田上教授御講義

先端歯科医療研究所にて、東京医科歯科大学:田上順次歯学部長による第4回目の御講義が行われました(2012年11月)

 11月8日、先端歯科医料研究所(東京・目黒プレイスタワー12階)にて、東京医科歯科大学:田上順次教授による御講義が行われました。

第4回目の御講義は「臼歯修復 -二級窩洞のコツ、メタルをCRに、フロアブルの活用-」というテーマのもと、2級インレーの窩洞形成からレジン充填までの流れや重合方式の違いによる、より強固な接着方法について説明していただけました。

御講義は、徳真会グループの歯科医師ならびに医療スタッフ全員が、最新の知識を共有するために、国内全拠点をウェブでつなぎ行われました。

今後も徳真会グループは、確かな知識に裏付けられた『安心、安全な技術』を患者さまに提供していくために、日々の努力を続けていきます。


徳真会 Annual MT

徳真会 Annual MT

徳真会 Annual MT

Tokushinkai 2nd Annual Meeting 開催(2012年10月)

 10月28日、先端歯科医料研究所(東京・目黒プレイスタワー12階)にて、Tokushinkai 2nd Annual Meetingが石川烈先生(東京医科歯科大学 名誉教授)座長のもとで開催されました。

Tokushinkai 2nd Annual Meeting では、講演者をはじめ、海外4か国からの参加者が講演内容についてディスカッションを行いました。
ミーティグは先端歯科医療の知識を共有できるようにしたいという考えから、講演や質疑応答はすべて英語で行われました。

今後も徳真会グループでは、明日の治療に有効な新たな知識・技術を獲得するために、国内外の大学や研究施設とともに歯科医療の研究を行っていきます。


【先生方のご講演内容】
・Professor S. Petter Lyngstadaas(オスロ大学歯学部臨床研究所 教授)
 「Implant Surface Debridement and Bone Regeneration in Peri-Implant Osseous Defects」
 (インプラント周囲骨欠損におけるインプラント表面のデブリードマンと骨再生)

・Dr.Jon Y. Yoshimura(Jon Yoshimura,D.D.S)、
 林直樹(ワールドラボUSA Ultimate Styles Dental Laboratory 副社長)
 「Invisible Beauty : Collaboration Behind The Smile Creation」
 (目に見えない美しさ:笑顔を作るためのコラボレーション)

・Dr. Tin Cock Phua(シンガポール College of General Dental Practitioners 副学長)
 「Handling Postoperative Sensitivity in Restorative Dentistry」
 (修復歯学における術後 Senstivityの処理)

・高橋英和先生(東京医科歯科大学歯学部 口腔保健学科 口腔保健工学専攻 生体材料加工学 教授)
 「Notes for manufacturing accurate impressions and models」
 (正確な印象と模型を製作するための注意事項)


田上教授御講義

田上教授御講義

先端歯科医療研究所にて、東京医科歯科大学:田上順次歯学部長による第3回目の御講義が行われました(2012年9月)

 9月25日、先端歯科医料研究所(東京・目黒プレイスタワー12階)にて、東京医科歯科大学:田上順次教授による御講義が行われました。

第3回目の御講義は「痛くないう蝕除去と窩洞形成 -う蝕治療ガイドライン-」というテーマで行われました。

Minimal intervention(できるだけ歯を削らない、侵襲の少ない虫歯治療)が推奨されている 21世紀の歯科治療において、『う蝕は、どこまで取り除けばいいのか?』 という極めて重要な内容から、『う蝕検知液の完成秘話』など、臨床的なテーマを中心にお話いただきました。

御講義は、徳真会グループの歯科医師ならびに医療スタッフ全員が、最新の知識を共有するために、国内全拠点をウェブでつなぎ行われました。

今後も徳真会グループは、確かな知識に裏付けられた『安心、安全な技術』を患者さまに提供していくために、日々の努力を続けていきます。


田上教授御講義

田上教授御講義

先端歯科医療研究所にて、東京医科歯科大学:田上順次歯学部長の御講義が行われました(2012年8月)

 8月20日、先端歯科医料研究所(東京・目黒プレイスタワー12階)にて、東京医科歯科大学:田上順次歯学部長による御講義が行われました。

第2回目の御講義は「最新の接着を理解する」というテーマのもと、接着剤の変遷や接着の理論の変遷、これからの接着について、ワンステップ型接着剤の信頼性についてお話ししていただきました。

御講義は、徳真会グループの歯科医師ならびに医療スタッフ全員が、最新の知識を共有するために、国内全拠点をウェブでつなぎ行われました。

今後も徳真会グループは、確かな知識に裏付けられた『安心、安全な技術』を患者さまに提供していくために、日々の努力を続けていきます。


田上教授御講義

田上教授御講義

田上教授御講義

先端歯科医療研究所にて、Dr.Yoshimura・林直樹氏によるハンズオン研修が行われました(2012年8月)

 8月18,19日、先端歯科医療研究所(東京・目黒プレイスタワー12階)にて、Dr.Yoshimuraと、当グループ ワールドラボUSA ハイクオリティ部門(Ultimate Styles Dental Laboratory)の林直樹氏によるハンズオン研修が行われました。

第3回目にあたる今回の研修は、7月にハワイにあるDr.Yoshimuraのオフィスにて施行された、プレパレーション(歯冠形成:患者さまの歯を削る)、印象採取(削り終わった歯の型をとる)、プロビジョナルレストレーション装着(仮の歯を装着)までをDVD動画を用いてDr.Yoshimuraが講義を行いました。
次にセラミスト*として世界的に有名な林直樹氏の技工技術を、講演形式で紹介するという形式で進行しました。

*歯の被せ物の中で、陶材を専門に扱ってセラミックの被せ物を作る歯科技工士

そして翌日の19日、林氏自ら製作した、ジルコニア・オールセラミック・クラウン(人工ダイヤモンドと同等の強度を持つ優れた材料)を実際に患者さまの口腔内に装着するまで、それぞれの各過程を詳細に説明・解説して頂きました。

 彼ら2人のコラボレーションによる研修は、歯科医師・歯科技工士はもちろん、徳真会グループスタッフ全員の知識・技術を向上させ、患者さまに質の高い医療を提供できるように企画されたものです。

前回の研修には、東京医科歯科大学歯学部 口腔保健工学 実習科2年生8名が参加してくださりました。これは、「民間医療機関と国立大学の壁を越え、先端歯科医療をともに学んでいこう」という極めて大きなテーマを実現する第一歩を踏み出せたと考えています。今回は、さらに実習科2年生3名に加え、東京医科歯科大学で教官として活躍されている技工士 3名の方々に参加して頂けました。我々の考えに協賛してくださった 東京医科歯科大学 鈴木哲也教授(口腔機能再建技工学分野)に、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

今後も徳真会グループは、患者さまに満足していただける質の高い歯科医療を提供できるように、日々努力を続けてまいります。


Dr.Jon.Yoshimura

Dr.Jon.Yoshimura

Dr.Jon.Yoshimura

先端歯科医療研究所にて、Dr.Yoshimura・林直樹氏によるハンズオン研修が行われました(2012年6月)

 6月11日、先端歯科医療研究所(東京・目黒プレイスタワー12階)にて、Dr.Yoshimuraと、当グループ ワールドラボUSA ハイクオリティ部門(Ultimate Styles Dental Labratory)の林直樹氏によるハンズオン研修が行われました。

この研修は、審美歯科医としてアメリカで注目されているDr.Yoshimuraの診断・診療はもちろん、セラミスト*として世界的に有名な林直樹氏の技工技術も学ぶために企画されたものです。林氏は、「天然歯への挑戦」をかかげて世界の技工界で注目されている第一人者です。

 *歯の被せ物の中で、陶材を専門に扱ってセラミックの被せ物を作る歯科技工士

彼ら2人のコラボレーションによる研修は、歯科医師・歯科技工士はもちろん、徳真会グループ全体の知識・技術の向上により、患者さまに質の高い医療を提供できるように企画されました。

研修は4回コースとなっており(下記参照)、第1回目である今回は「The Comprehensive Examination in Clinical Practice(臨床診療における総合的審査)」をテーマにDr.Yoshimuraの行う審美歯科に必要な、診断学を中心に行われました。

今回の研修では、Dr.Yoshimuraによる講義、そして彼の指導下で行われた治療をライブ映像として徳真会グループ国内全拠点でウェブをつなぎ、知識・技術の共有を図りました。また、この研修には、もう1つの大きな意義があります。それは、東京医科歯科大学歯学部 口腔保健工学 実習科2年生8名が参加してくださったことです。「民間医療機関と国立大学の壁を越え、先端歯科医療をともに学んでいこう」という極めて大きなテーマを実現する第一歩を踏み出した記念すべき研修になったと思われます。我々の考えに協賛してくださった 東京医科歯科大学 鈴木哲也教授(口腔機能再建技工学分野)に、この場をお借りしてお礼申し上げます。また、鈴木哲也教授と高橋英和教授は、懇親会にも参加してくださり、有意義な意見交換が行えました。

今後も徳真会グループは、患者さまに満足していただける質の高い歯科医療を提供できるように、日々努力を続けてまいります。


- 天然歯への挑戦 -  4回コース予定表

1. 6月11日 (東京)
 「Dr.Yoshimura氏 診査・診断」

2. 7月5・6日 (ハワイ)
 ワイキキ/アラモアナ、Dr.Yoshimuraのオフィスにて、プレパレーション(歯冠形成:患者さまの歯を削る)、
印象採取(削り終わった歯の型をとる)、プロビジョナルレストレーション装着((仮の歯を装着)
-ビデオ撮影-

3. 8月18日 (東京)
 1)7月のハワイでのプレパレーションのビデオで、Dr.Yoshimuraから詳細な説明と質疑応答
  8月19日
 2)Dr.Yoshimura氏の指導下において、最終補綴物のセメンテーション(完成した被せものを合着)

4.10月末〜11月(東京)
 治療後予後として経過観察の指導


<Dr.Yoshimura プロフィール>
出生地 : Honolulu,Hi(ハワイ州ホノルル)
1983-1986 : University of Hawaii,Biology(ハワイ大学 生物学専攻)
1986-1991 : University of lowa,College of Dentistry D.D.S(アイオワ大学歯学部 歯科医師称号取得)
1991-1992 : Hennepin County Medical Center(ミネソタ州へネピン郡メディカルセンター)

【所属学協会】
American Dental Association(米国歯科医師会)
Academy of Dentistry International(国際歯科学会)
Academy of General Dentistry(米国一般歯科学会)
The American Equiilibration Society(米国咬合調整協会)
American Academy of Cosmetic Dentistry(米国審美歯科学会)
Honolulu County Dental Society(ホノルル歯科学会)

【特別研究員】
Academy of Dentistry International - FADI(国際歯科学会)
Academy of General Dentistry - FAGD(米国一般歯科学会


共同論文

共同論文

共同論文

先端歯科医療研究所にて、東京医科歯科大学:田上順次歯学部長の御講義が行われました(2012年5月)

 5月14日、先端歯科医療研究所(東京・目黒プレイスタワー12階)にて、「接着修復の基礎」と題して、東京医科歯科大学:田上順次歯学部長の御講義が行われました。

田上先生は、接着歯学の世界的権威として広く知られている方です。

接着歯学:むし歯などで歯の一部が失われた場合、歯につめる材料を接着させることが求められます。
     この分野の研究を行う学問を接着歯学といいます。

「患者さまの診療にあたる歯科医師ならびに医療スタッフが、安全で質の高い歯科治療を提供できるように、常に知識と技術を高めるため」ということが、先端歯科医療研究所設立理念の1つです。今回行われた、世界的な研究者として誉れ高い先生に御講義して頂くことは、まさにこの理念に一致したものであると思われます。

御講義は、徳真会グループの歯科医師ならびに医療スタッフ全員が、最新の知識を共有するために、国内全拠点をウェブでつなぎ行われました。

今後も徳真会グループは、患者さまに満足していただける歯科医療を提供できるように、日々努力を続けていきます。


公開フォーラム

(アポロニア21 2012年1月号より)

公開フォーラム「勤務医としての歯科医師の未来:歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の近未来」開催(2011年11月)

東京医科歯科大学は、歯学部と歯科衛生士科および歯科技工士科(現在,4年生大学 口腔保健学科)の3学科を有する歴史ある大学です。この大学から各部門の責任者である4教授を一堂に招き、徳真会グループ代表:松村博史との公開フォーラムを開催しました。

「勤務医としての歯科医師の未来:歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の近未来像」というタイトルにふさわしく、会場には歯科医師・歯科衛生士科・歯科技工士科の方々を中心に多くの方にお集まりいただきました。

フォーラムは、東京医科歯科大学:田上順次歯学部長の挨拶から始まり,今後の歯科界の展望について予定時間を越えて活発な討論が行われました。この内容は アポロニア 2012年1月号に紹介されています。


【公開フォーラム発表者】
東京医科歯科大学 歯学部長 田上順次 教授
東京医科歯科大学 歯学部  荒木孝二 教授 (歯学部教育委員長)
東京医科歯科大学 口腔保健学科長 品田佳代子 教授
東京医科歯科大学 口腔保健工学科 専攻 鈴木哲也 教授
徳真会グループ 代表 松村博史 理事長
司会:徳真会グループ 先端歯科医療研究所 研究部門 中村幸生


徳真会 Annual MT

徳真会 Annual MT

徳真会 Annual MT

Tokushinkai 1st Annual Meeting 開催(2011年9月)

 9月2日、先端歯科医療研究所(東京・目黒プレイスタワー12階)にて、Tokushinkai 1st Annual Meetingが石川烈先生(東京医科歯科大学 名誉教授)座長のもとで開催されました。

先端歯科医療研究所は、世界5か国に32か所の診療所を展開している徳真会グループが発信の場となり、先端歯科医療に関する科学的知識と技術をグループ内はもちろん、大学をはじめとする 各国からの研究者同志がお互いに意見交換し、全ての患者さまへの治療に還元できるようにすることを目的として設立された研究の場です。

Tokushinkai 1st Annual Meetingでは、講演者をはじめ、海外5か国からの参加者が講演内容についてディスカッションを行いました。ミーティングにおいては、先端歯科医療の知識を共有できるようにしたいという考えから、 講演や質疑応答はすべて英語で行われました。

今後も、徳真会グループでは、明日の治療に有効な新たな知識・技術を獲得するために、国内外の大学や研究施設とともに歯科医療の研究を行っていきます。


【先生方のご講演内容】
・中村幸生先生(先端歯科医療研究所 研究部門主任、オスロ大学客員教授)
 「エンドドンティック・マイクロサージェリー」
 (歯の根の治療のための外科処置について)

・林直樹(ワールドラボUSA Ultimate Styles Dental Laboratory 副社長)
 「A Challenge to Natural Teeth」
 (天然の歯への挑戦)

・周国輝先生(香港Dental Implant and Maxilofacial Center 所長)
 「Factors AffectingImmediate Implant Aesthetics」
 (即時インプラント治療の審美性を左右する要因について)

・TC Phua先生(シンガポールCollege of General Dental Practitioners 副学長)
 「ObtainingOptimal Result with Composite Resin for the Dental Practitioner」
 (開業歯科医師がコンポジットレジン治療によって最高の結果を生み出すために)