ページの開始です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ここからヘッダーです。

ヘッダーをスキップするリンクです。

ここでヘッダー終了です。

歯の基礎知識

ここからサブメニューです。

サブメニューをスキップするリンクです。

診療時間

年中無休

【診療日】 月◎/火◎/水◎/木◎/金◎/土○/日○

【診療時間】 ◎月〜金 9:00〜13:00 (受付 12:00まで) 15:00〜20:30 (受付 19:30まで)/○土・日・祝日 9:00〜12:30 (受付 11:30まで) 14:30〜20:30 (受付 19:30まで)

ご予約・お問い合わせ 年中無休 025-522-6001

クリニック住所

〒943-0803
新潟県上越市春日野1-669

地図はこちら
  • 耳の不自由な方
  • 車椅子の方
  • AED設置
  • 集中治療可
  • 担当医指名可
  • 情報開示
  • 徳真会ではどなたにでも安心、安全に治療を受けていただけるよう心がけております。

安心のインプラント インプラント治療の手順を動画でご覧いただけます。

ここでサブメニュー終了です。

ここから本文です。

歯の基礎知識

虫歯ってどんな病気?

虫歯とは酸によって、歯が溶かされる病気です。

お口の中にはいい菌や悪い菌を含むたくさんの細菌(さいきん)が住みついています。
たくさんいる菌の中でも、虫歯の一番の原因菌といわれるのが『ミュータンス菌』です。
『ミュータンス菌』という細菌が作り出す酸によって歯が溶かされていく病気が虫歯です。


虫歯 4大要素

食べ物に含まれる糖分によってミュータンス菌は活発に働き、プラーク(歯垢)というネバネバした自分達の住家を形成します。このプラーク(歯垢)には数え切れないほどの菌が住みついています。食後の歯ブラシを長い間しない、または歯のみがき残しがあるなど、何だかの理由でプラーク(歯垢)がそのまま放置されると、ますます菌は繁殖し、ミュータンス菌を中心とする菌がプラークの中で歯を溶かす原因となる『酸』を発生します。歯はこの『酸』がとっても苦手です。
この『酸』によって、エナメル質の内部から歯の成分であるカルシウムやリンが溶け出します。これが虫歯の原因となります。


虫歯は、『歯(歯の質)』と『細菌(歯垢)』と『糖質(とくに砂糖)』の3つの要素(図の3つの輪)が揃い、そこに『一定の時間』が加わった時に発生すると考えられています。この3つの輪の重なっている時間を短くすることが虫歯を防ぐためにとても大切です。


虫歯と砂糖の消費量


お口の中はふだんpH7に近い弱酸性ですが、糖分を含む食べ物を食べると急に酸性に変わります。pH5.5を下回ると歯からミネラル分が溶け出し、その状態が頻繁にあると虫歯になりやすい口内環境になります。だ液によってこのPH調整が行われるのですが、間食が多くなると弱酸性に戻る前にまた酸性化してしまい虫歯になりやすくなります。また、寝る前に間食を行ったりすると、就寝中はだ液がほとんど出ないため、お口の中が酸性のままで、虫歯になりやすくなります。
効果的に虫歯を予防する一番よい方法は食後すぐに歯ブラシを行うことです。


お口の中のpHの変動

正しい食生活

不規則な食生活

↓

虫歯の進行


一度虫歯になってしまった歯がもとの健康な歯に戻ることはありません。
少しでも早く発見し、すぐに治療を行えば、それだけ歯を長持ちさせることができます。毎日のセルフケアはもちろんのこと、クリニックで定期的に検診を受けることをおすすめいたします。


虫歯は、その進行の度合いによって4つの段階(C1、C2、C3、C4)に分類されています。
(※Cとは、英語の虫歯(Dental Caries)の略称です。)


虫歯の進行

虫歯の進行図

C1|エナメル質の虫歯

C1|エナメル質の虫歯
歯の表面やみぞなど限られた狭い範囲が、灰白色や黄褐色、黒褐色に変化します。歯の表面(エナメル質)に穴があいた状態です。通常、痛みやしみる感じはありません。この段階で気づき、治療を行うと痛みも少なく行えます。
↓

C2|象牙質の虫歯

C2|象牙質の虫歯
虫歯が歯の内部に広がり象牙質に達した状態です。甘いものや冷たいものを食べたときに痛むことがあります。この段階で気づけば比較的早く治療が完了します。
↓

C3|歯髄の虫歯

C3|歯髄の虫歯
虫歯が歯髄(神経)まで進んでいる状態です。虫歯の穴は大きくなり、激痛があります。ふんだんの生活で痛みを感じることがあります。
この段階までくると歯冠部はほとんど虫歯に侵食されているため、虫歯を取り除く治療を行った後に、歯形を取ってかぶせ物の製作を行い、それを歯にかぶせなければいけないため、治療の期間が長くかかります。
↓

C4|歯根の虫歯

C4|歯根の虫歯
歯冠部(歯肉から上の見える部分)がほとんど壊れ、歯の根っこだけが残った状態(残根状態)です。歯の神経(歯隋)が死んでいると、痛みは感じませんが、炎症はさらにあごの骨に進行することもあります。歯の根っこの先に膿が溜まり、膿を取り除く必要があります。
膿を取り除き、虫歯治療を行った後に歯形を取ってかぶせ物の製作を行い、それを歯にかぶせなければいけないため、治療の期間がとても長くかかります。最悪の場合、歯を抜かなければいけない場合もあります。この段階まで虫歯が進行すると、顎の骨まで感染する恐れがあり、骨膜炎を起こして顔が大きく腫れてしまいます。

かぶせ物・差し歯の種類へ

治療やご予約など、ご不明な点やご質問がありましたら、お気軽に、下記電話番号まで、お問い合わせください。
医療法人 徳真会グループ まつむら歯科 上越診療所
  • 025-522-6001
  • 年中無休
  • 平日 9:00〜20:30 / 土・日・祝日 9:00〜20:30

ここで本文終了です。

ここからフッターです。

フッターをスキップするリンクです。

ページトップへ

ここでフッター終了です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ページの終了です。